TOP
予告編
NEWS
INTRODUCTION
STORY
CAST
STAFF
PRODUCTION NOTES
LOCATION
MUSIC
上映劇場
錦織良成/監督・脚本

1962年1月29日生、島根県出雲市出身。96年、映画『BUGS』が東京国際ファンタスティック映画祭に正式出品され映画監督デビュー。99年、婦人自衛官の成長を描いた菅野美穂主演『守ってあげたい!』で注目を集める。02年、故郷島根を舞台に中村麻美・濱田岳主演『白い船』はその年のミニシアター邦画作品部門の全国興行成績第1位を記録。10年、永らく構想していた中井貴一主演『RAILWAYS–49歳で電車の運転士になった男の物語』は仏・KINOTAYA映画祭2010にてグランプリ(金の太陽賞)を受賞。11年、薬師丸ひろ子主演『わさお』、13年、伊藤歩・青柳翔主演で隠岐諸島に伝わる古典相撲を題材に日本の心、家族の絆を描いた『渾身KON–SHIN』を経て、たたら製鉄・日本刀を題材にした時代劇『たたら侍』では、16年、第40回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門において最優秀芸術賞を受賞する。他映画祭でも多数受賞。オリジナルの企画・脚本に拘り、何気ない日常を捉える描写力と柔らかな映像センスに定評がある。
その他、03年『ハート・オブ・ザ・シー』、05年『ミラクルバナナ』、08年『うん、何?』、等がある。

EXILE HIRO/エグゼクティブプロデューサー

1969年6月1日、神奈川県出身。1990年にZOOのメンバーとしてデビュー。1999年J Soul Brothersを結成し、2001年EXILEと改名して再始動。パフォーマー兼リーダーとして、EXILEを国民的グループに押し上げる。2013年パフォーマーを勇退。2015年12月には、ダンスパフォーマンスとボーカルを巧みに組み合わせた活動のほか、プロデューサーとしての活躍も評価され、日本の芸術文化の振興に貢献しているとして、芸術文化活動などで優れた功績を挙げた人に贈られる文化庁長官表彰を受ける。2017年からLDH新体制においてLDH WORLDのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとしてクリエイティブを統括し、世界の拠点と連携し世界基準でのエンタテインメント創造に情熱を注いでいる。映画では『たたら侍』(17)、河瀨直美監督の『Vision』(18)、SABU監督の『jam』(18)、ショートショートフィルムフェスティバル&アジアとのコラボレーションとなる短編映画『CINEMA FIGHTERS』、『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』(18)、総合エンタテインメントプロジェクトとなる『HiGH&LOW』シリーズでは企画プロデュース、『PRINCE OF LEGEND』シリーズではエグゼクティブプロデューサーを務める 。書籍にはエッセイ「Bボーイサラリーマン」(05)、「ビビリ」(14)がある。

金子正人/撮影

1964年、東京都出身。多摩芸術学園(現・多摩美術大学)卒業。以後フリーとして活動し、柳島克己氏、山本英夫氏に師事し、北野武、三池崇史監督などの作品を多数経験する。『46億年の恋』(06)、『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』(08)、『天国からのエール』(11)、『私の叔父さん』(12)、『ラオス 竜の奇跡』(17)、『歌舞伎シネマ 四谷怪談』(17)など。

吉角荘介/照明

1956年、三重県伊勢市出身。78年より『泥の河』、『セーラー服と機関銃』(81)などで照明助手を務め、『四月怪談』で照明技師デビュー。主な作品は『就職戦線異状なし』(92)、『平成ガメラシリーズ』(95・97・99)『少年メリケンサック』(09)、『探偵はBARにいる1・2・3』(11、13、17)、『マスカレードホテル』(19)など。『十五才 学校Ⅳ』(01)、『半落ち』(05)、『蝉しぐれ』(06)では日本アカデミー賞優秀照明賞を受賞。99年『守ってあげたい』から本作を含め錦織作品10本に参加している。

西岡正巳/録音

1960年、兵庫県出身。主な作品に『ろくでなしBLUES’98』(98)、『なぞの転校生』(98)、『皆月』(99)、『タイムレスメロディ』(00)、『自殺サークル』(01)、『ケータイ刑事  THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状』(06)、『海でのはなし。』(06)、『あなたを忘れない』(07)、『たたら侍』(17)など。

栗谷川 純/編集

1967年、北海道札幌市出身。1990年、ミュージックビデオの編集をスタート。数々のアーティストのライブDVDやMVを編集する一方で、ドラマ、映画の編集を手掛ける。主な作品は、ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ(11、12、16)、「アオイホノオ」(14))、『想いのこし』(14)、『銀魂』(17)、『銀魂2』(18)、『クソ野郎と美しき世界 EPISODE1』(18)、『50回目のファーストキス』(18)など。

瀬川英史/音楽

1965年、岩手県盛岡市出身。 1986年、CM音楽の作曲家として活動開始、2500 本以上のCM音楽を手掛ける。アメリカ、フランス、イギリス、インド、ブルガリア等海外録音の経験も多数。執筆活動にも積極的に取り組む。近年は劇伴作曲家としての活動の場を広げる。主なドラマは「勇者ヨシヒコ」シリーズ(11、12、16)、「最高の離婚」(13)、映画は『銀魂』(17)、『銀魂2』(18)、『斉木楠雄のΨ難』(17)、『50回目のファーストキス』(18)。福田雄一監督作品のほとんどを手がけている。2012年、サウンドトラックを担当したフランス短編映画『Le Dernier Jour de l’Hiver』がフランス国立映画祭イエール・レ・パルミエで最高音楽賞受賞。

1984年12月8日、長崎県出身。EXILEは昨年、3年4ヶ月ぶりのオリジナルアルバム「STAR OF WISH」を発売、同年9月から全国ドームツアー「EXILE LIVE TOUR 2018-2019 “STAR OF WISH”」を開催し、88万人を動員した。また、HISASHI(GLAY)らとともに、4人組ロックバンドACE OF SPADESにてヴォーカルを務め、2019年2月20日に待望の1stアルバム「4REAL」をリリース、2月26日より初の全国ツアー「ACE OF SPADES 1st. TOUR 2019 “4REAL”」を全国5都市7公演で開催。ソロとしても活動し、2017年には、作詞作曲楽曲が収録されたミニアルバム「All-The-Time Memories」をリリース。2017年から2018年にかけ、自身初となるファンクラブイベント「EXILE TRIBE FAMILY FAN CLUB EVENT TAKAHIRO 道の駅 2017-2018」を開催、今年夏よりそのイベントの【続編】「TAKAHIRO 道の駅 2019」の開催が控えている。また、俳優としても「戦力外捜査官」「ワイルド・ヒーローズ」、『HiGH&LOW』などに出演し、活動の幅を広げている。2017年にはイギリス演劇界最高の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた「MOJO」で初舞台、初主演をつとめた。

KEIKO MATSUZAKA

1952年7月20日、東京都出身。69年に大映東京撮影所に入所し女優デビュー。72年に松竹へ入社。81年、『青春の門』『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』で、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、報知映画賞で主演女優賞を受賞。82年、『蒲田行進曲』『道頓堀川』では日本アカデミー賞、キネマ旬報、毎日映画コンクールで主演女優賞を受賞。90年『死の棘』ではカンヌ国際映画祭グランプリ受賞、日本アカデミー賞、キネマ旬報、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞、報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞で主演女優賞を受賞。08年には放送事業の発展に寄与し、放送文化の向上に貢献した人物に贈られる「第60回日本放送協会(NHK)放送文化賞」を受賞した。大河ドラマでは「国取り物語」(73)、「春の波涛」(85)、「篤姫」(08)、「西郷どん」(18)に9回の出演。NHK連続テレビ小説「まんぷく」ではヒロイン、立花福子の母親、今井鈴役を好演。2009年紫綬褒章受章。主な映画出演作は『藍より青く』(73)、『五番町夕霧楼』(81)、『道頓堀川』『上海バンスキング』(84)、『さくや妖怪伝』、『火垂るの墓』(08)、『ベトナムの風に吹かれて』(15)、『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』『人魚の眠る家』(18)など。

MAYU YAMAGUCHI

2000年11月20日、東京都出身。14年7月にフジテレビ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」でドラマデビュー。15年4月、テレビ朝日「アイムホーム」で木村拓哉の娘役で注目。同年11月にTBS「コウノドリ」で中学2年生の妊婦を演じ、評価を高めた。主な出演作品に、映画『くちびるに歌を』(15)、『相棒 –劇場版Ⅳ-』(17)『雪女』(17)。ドラマにはTBS「リバース」(17)、KTV「明日の約束」(17)などがある。特技はピアノ、クラシックバレエ。趣味は映画鑑賞、読書。

KYOKA SHIBATA

1999年8月30日、東京都出身。2007年に読売テレビ『名探偵コナンドラマスペシャル第2弾「工藤新一の復活! 黒の組織との対決」』灰原哀役でデビュー。14年には映画『瀬戸内海賊物語』で初主演。その他、映画『アオハライド』(14)、『くちびるに歌を』(15)、『迷宮カフェ』(15)、短編オムニバス『4/猫-ねこぶんのよん-』「ひかりと嘘のはなし」(15)、『咲-Saki-』(17)、『ピンカートンに会いにいく』(18)、『野球部員、演劇の舞台に立つ!~甲子園まで642キロ~』(18)など、多くの映画・ドラマに出演。

MIZUKI ITAGAKI

2000年10月25日、東京都出身。14年、映画『闇金ウシジマくん Part2』で映画デビュー。応募総数1万人の中から半年に渡るオーディションののち、映画『ソロモンの偽証』(15)の神原和彦役に選ばれる。NHK大河ファンタジー「精霊の守り人Ⅱ・最終章」(17、18)にチャグム役で出演。俳優だけでなくボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバーとしても活動。趣味は映画鑑賞・ゲーム・読書、特技は乗馬・サッカー・水泳・マラソン。

SEISHU URAGAMI

1999年11月23日、東京都出身。10歳の時から子役として活躍。フジテレビ「家族ゲーム」(13)にレギュラー出演し、注目を集める。16年にはNHK大河ドラマ「真田丸」で真田大助役を演じた。ほか、映画「恋妻家宮本」(17)、東海テレビ「さくらの親子丼2」(18~19)、映画『エイプリル・フールズ』(15)でも小野花梨と共演。趣味は読書、イラストを描くこと。

KARIN ONO

1998年7月6日、東京都出身。2006年、TBSドラマ「嫌われ松子の一生」幼少期のあすか役で子役としてデビュー。映画『南極料理人』(09)で注目。2013年テレビ東京ドラマ&映画「鈴木先生」では主要キャストの河辺彩香役を演じた。主な映画は『人狼ゲーム BEAST SIDE』『ガールズ・ステップ』(14)、『エイプリル・フールズ』(15)、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(18)。ドラマではテレビ朝日「13歳のハローワーク」(12)、フジテレビ「武道館」(16)、「刑事ゆがみ」(17)など。趣味は料理、ギター。特技・習字。

MEI KUROKAWA

1987年5月13日、東京都出身。97年、NHK水曜ドラマ「鏡は眠らない」でドラマデビューし、以降、ドラマ・映画・CM・舞台に幅広く活躍。19年は主演作『美人が婚活してみたら』(大九明子監督)のほか、山戸結希プロデュースによるオムニバス『21世紀の女の子-セフレとセックスレス-』(ふくだももこ監督)、『はずれ家族のサーヤ』(岡本未樹子監督)、『ダンスウィズミー』(矢口史靖監督)等がある。主な映画出演作は『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10)、『横道世之介』(13)、『南風』(14)、『ドライブイン蒲生』(14)、『ぼくたちの家族』(14)、『きみはいい子』(15)、『ふきげんな過去』(16)、『二十六夜待ち』(17)など。

SHINTARO AKIYAMA(プロデューサー、共同脚本)

1982年7月8日、長崎県出身。2009年、劇団EXILEに加入。主な出演作に「HiGH&LOW」シリーズ、映画『非金属の夜 nonmetal night』(13)、「合志義塾~カタルパの樹がつなぐ明日~」(17)、舞台「伊賀の花嫁 その二 鬼は外編」(18)、舞台「黒蜥蜴-全美版-」(18)などをはじめ、数々の映像作品、舞台作品に出演。出演した映画『jam』(18)ではアソシエイト・プロデューサーも務め、本作では共同脚本、製作も手がけている。香川県高松市が行っている「世界盆栽プロジェクト~高松が切り拓く世界のBONSAI~」PRムービーにも出演している。現在ラジオ レインボータウンFM「Weekend Fun!」のパーソナリティとして出演中。

MANTARO KOICHI

1969年2月15日、大阪府出身。2010年の解散までマキノノゾミの劇団「M.O.P.」に所属し、ほぼ全ての公演に参加。 以降、ドラマ、映画を主なフィールドとし、繊細な表現力と精密な演技力で高い評価を得る名バイプレーヤー。主な出演作に、TVではNHK朝の連続小説「てっぱん」(11)、WOWOW「下町ロケット」(11)、TBS「クロコーチ」(13)、フジテレビ「僕のいた時間」(14)、NHK「運命に、似た恋」(16)、NHK「精霊の守り人」(17)、WOWOW「監査役野崎修平」(18)、NTV「イノセンス 冤罪弁護士」(19)。映画では『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14)、『劇場霊』(15)、『合葬』(15)、『秘密 THE TOP SECRET』(16)、『惑うAfter the Rain』(16)『東京ウィンドオーケストラ』『ケアニン』『光』 (17)、『恋のしずく』(18)など。

錦織良成監督インタビュー
TAKAHIRO演じる男の人生が豊かに見えれば
― 企画の成立経緯について教えてください。

『たたら侍』の後、複数の企画があったのですが、HIROさんと「次の作品はTAKAHIROくんを主役に隠岐島で撮ろう」と話していました。僕は、オリジナル脚本で島根を舞台にした映画を多く撮っています。地方で撮られた映画はよくローカル映画とか言われますが、そういう言い方自体当たらないかなと思います。昔から日本映画の多くは地方でもよく撮られていましたが、今こそ都会で失われた日本らしさや文化が残る地方を舞台に撮ることによってグローバルに観客に響いたり、伝わることがあると思っています。

― 島留学をモチーフにしたのは?

島留学は、国会で話題になるくらい成功例になっています。島留学といってもなかなかイメージしにくいかもしれませんが、実際に取材すると教育の最先端ではないかと。勉強は詰め込み式の暗記勉強だけではないと考えて留学してきた子や、教科書だけでは学べない大事なものが島にあると感じてきた子など自発的に目標を持って学びたいと思う子たちが行列を作っていて、順番待ちの状態なのです。意欲の高い子も多く、皆がグローバルな視点を持っているのには驚きました。在校生179人のうち85人が留学生、半分近くが県外からです(※2018年5月現在)。島の人たちとの交流の中で人間にとって本当に大切なものは何かを学んでいく。島を包む優しさや絆・・・そういう目に見えない大切なものを描きたいと思いました。

― 映画ではTAKAHIROさんが演じる漁師の記憶を巡る話と、島留学の生徒たちの物語の両方が描かれます。

今回は群像劇であり、TAKAHIROくんが主役。若者たちが島に行くということだけを追い求めますと、とかく教育問題とか偏差値がどうとかになりがちです。ですから最初は学園もので始め、家族の物語へとつなげました。なおかつ、親子の絆や、人との繋がりの中で一番大切なことは何か、何が人生を豊かにしていくのか、を描こうとしました。

― TAKAHIROさんが島親の漁師役というのは面白い役どころですね。

最初、学校の先生を考えていたんですが、HIROさんが「漁師はどうか」と言ってくれて、面白いと思い決めました。TAKAHIROくんには撮影前に漁協の仕事を体験してもらいましたが、長崎出身ですので、釣りは上手いですし、役にハマりました。隠岐島とは地理的にも近いこともあり、そういうDNAもあったんじゃないかなと思います。 TAKAHIROくんは感受性豊かで、演技のスキルが高くとても素直。以前から、いい俳優さんになると思っていました。彼をイメージしながら脚本を書き上げ、撮影前には「自信持ってやって欲しい」と伝えました。TAKAHIROくんが演じる男の人生が、豊かに見えれば成功かなと思います。

― 母親役は松坂慶子さんです。

最初から松坂さんにお願いしたいと思い、お手紙を書きましたら、快く引き受けてくださいました。TAKAHIROくんと、とてもいい親子を演じていただきました。美男美女で、ちょっと出来すぎな感じですが(笑)。松坂さんは衣装のままバスで島内を見学されたりして、地元の方も驚かれたようです。本当に島に溶け込んでました。

― 高校生役はどのように決まったのでしょうか?

オーディションです。僕は、『白い船』(02)の時、12歳の濱田岳君を選びましたが、あんな感じになれば、と。既に活躍している子たちもいますが、これからの時代を担う俳優さんたちが集まってくれました。

― 撮影はいかがでしたか?

短い撮影期間ながら、天候にも恵まれました。何より地元の人たちの温かい支えがありました。俳優さんたちが、どんどん島人になっていく姿を目の当たりにし、島の人たちの優しさが本当に身にしみる現場でした。